まったり携ゲblog

携帯機ゲーマー天々のブログです。 好きなゲームや気になった話題について適当に書いていきます。 Twitter始めました@tentenmattari

ここは携帯機ゲーマー、天々のブログです。
携帯ゲーム機の話をメインに書いていきます。
ゲーム以外でも自分の興味のあることを適当に書き連ねていくつもりなので
気が向いた時にでも覗いていってくださいな。

リンクの際はここに一報入れていただければ幸いです。

無断転載はやめてください。

そういえば最近ブログを更新して無い!
ということでダブルクロスも発売されたことですし折角なのでモンハンの装備作りの基礎講座を書いていこうかと思います。


自分で書いたFEヒーローズの大英雄の攻略記事とかtwitterから引用すればいいですかそうですか…




さて最近はネセト一式が流行っていますが、スキル付けが自由なだけに変なスキルをつける人も多いです。
中には装飾品なしなんていう豪の者(むしろ業の者)もいますしね。
まあ、ネセト装備に限らず変な装備を組んでる人が多いのも事実。
初心者の為にもそれに巻き込まれる熟練者の為にも装備講座を書いていきます。

①スキルを発動させよう
このゲームでは防具を装備する事によってスキルポイントが加算され、それが一定以上になるとスキルの発動ができます。
例えば「攻撃」のスキルポイントが2ずつある装備を5つ組み合わせればスキルポイントは合計で10になり、攻撃のスキルが発動し「攻撃力UP【小】」が発動します。
このスキルポイントは1足りなければ効果を発揮しません。
攻撃のスキルポイントが9あっても攻撃力は上がらず無駄になります。
また、マイナスポイントが貯まることでマイナススキルが発動します。発動してしまった場合は装飾品やお守りでポイントを足して消すと良いでしょう。
スキルはマイナスのものでなければ発動していたほうがいいので、スキルは積極的に発動させましょう。

防具の他にも装飾品(防具につける事でスキルポイントを増やすパーツ)やお守り(防具の他にひとつだけ付けられるスキルポイントだけの装備品)をつける事でスキルポイントの調整ができます。

防具のスロット(装飾品をつけることができる)が空いていたら、そのスロットでスキルをより良くする事を考えましょう。

②初心者は一式装備からはじめよう
まずゲームを始めたばかりの頃は大した混合装備は作れません。
なので下位から上位中盤までは一式装備でもいいでしょう。装備との相性次第ではG級終盤でも使えるものはあります。

ちなみに「一式装備」というのは同じシリーズの防具だけで装備を組むことを言います。逆に色々な装備を混ぜて組むのは「混合装備、キメラ」何て呼ばれますね。

ゲームを進めていけばお守りも溜まっていき、混合装備が組めるようになります。

また、守備力が高いからと言って安易にガンナー用の頭装備を剣士用に変えるのはオススメしません
中にはスキルポイントが減ったり、そもそもスキルの内容が違うものも数多くあります。その為、スキルがうまく発動しないこともあるのです。

③混合装備を作ってみよう
一式装備を作っていると、部位ごとにスキルポイントが偏っていることに気付くでしょう。この偏りを活かしてスキルポイントが優秀なものを集めることによって、より強いスキル構成を目指すのが混合装備です。
混合装備に関しては頑シミュと呼ばれる、装備作りの為のシミュレーターがあるので使ってみましょう。
その為のスキル選びに関しては後に書いた事項も考慮の上で決めましょう。

④スキルと武器の相性を考えよう
スキルの種類は千差万別です。
良いものも多くありますが、中には自分の使う武器とは相性の悪いものや一切効果を発揮しないものもあります。
例えばライトボウガン等のガードが不可能な武器種にガード関係のスキルを付けても意味がありません。
また、そのままでも十分な切れ味を持つ武器に業物スキルを付けたりするのもオススメできません。
こういったスキルを付けて集会所に行っても、良い印象は与えませんし最悪キックされます。

また、武器の中には特定のスキルをつけないと弱いものも数多くあります。
例えば貫通弾をメインとするヘビィボウガンなのに反動が中以上ある場合は反動軽減のスキルが必須と言っていいほどです。
強いと言われる武器だからと何も考えずに使うのはやめて、相性の良いスキルを調べてそれを発動してから使いましょう。

使いたい武器種や武器と相性の良いスキルについてはしっかりしらべたほうがよいでしょう。
幸いWikiや個人サイトでもかなり多くの情報が仕入れられます。

⑤モンスターとの相性を考える
モンスターハンターシリーズでは相手のモンスターによって有効な武器やスキルが異なります。
その為、武器との相性だけでなく敵との相性も考えなければいけません。
例えば強い防具として有名だった黒炎王シリーズ(高い火属性耐性を持ち、咆哮や風圧を防ぐ)は火属性を使い咆哮や風圧が発生するリオレウスなどを相手にする場合は有効ですが、雷属性を使い(黒炎王は雷耐性が低い)咆哮も風圧も無いキリン相手には有効とは言えません。
武器も属性の良し悪しは当然ながら、属性値と攻撃値のバランス、体の大きい相手と体の小さい相手で貫通弾の有効性が変わるなど、武器の特徴によっても有効な相手が異なります。
この様にモンスターとの相性はとても大事です。
装備は武器の特徴や防具の耐性も考えて何組か作っておくと良いでしょう。

⑥物欲スキル等は避ける
ソロでやる場合は問題ありませんが、集会所で戦う際にはさけた方が良いスキルがあります。
物欲スキル(運、剥ぎ取りなどの報酬を上げるスキル)を代表とした狩猟に関係のないスキルです。
これらを発動させる分で他の狩猟に有効なスキルを発動させるのがマナーです。
流石に不運などのマイナススキルを解除する位なら許されますがこれらをわざわざ発動させる、発動させる防具を装備するくらいなら他のスキル、装備に変えましょう。
こう言ったスキルにはアイテムで代用可能な寒さ・暑さ無効や狩人なども含まれます。

⑦武器防具はしっかり強化する
いくらスキルが良くても防御力や攻撃力が低くては意味がありません
武器防具は出来る限り強化しましょう

⑧まとめ
装備を作る流れとしては

使いたい武器を決める

有効な装備考える

その装備が有効でない相手を想定して別の装備を組む

と言った感じになります


※私のやった例

火と雷耐性の低い装備を組む

火属性対策に火耐性の強い装備を組む(雷耐性低)

さらに雷属性対策に雷耐性の強い装備を組む



集会所で他のプレイヤーに見られる点としては

1,ランクに見合った装備か(武器防具をしっかり強化しているか)
2,武器の属性、防具の耐性はモンスターに有効なものか
3,スキルは狩猟に有効なものか(物欲スキルや効果の無い・薄いスキルがが発動してないか)
4,装飾品のスロットは空いていないか
などがあります。
スロットに関しては5個空いていればスキルが追加できるので5個以上開けない様にしましょう。


まあ長々ゴチャゴチャと書いていきましたが、結局重要なのは

「どうすればモンスターを楽に狩れる様な装備になるのか」
「自分の使ってる装備はどう使えば強いのか」

と言う事です。
これを念頭に置けば、きっと装備作りはうまく行くでしょう。
それでは皆さん、良いハンターライフを!

最近twitterの方で上げてるファイアーエムブレムヒーローズのオススメキャラについてこちらでも少しまとめておきます。

基本的には自分で育ててみて手応えを感じたキャラを紹介しております。
個体値次第では使い勝手も変わりますがご了承ください。
次に育てるキャラの参考になれば幸いです。続きを読む

NX(仮称)として今までヴェールに包まれていた任天堂の新ハードがついに発表されました!!
名前はNintendo Switch!!
見た目はPSVITAとかWiiUゲームパッドみたいな感じで、画面とコントローラーが着脱可能になっていました。
さらにテレビにもつなげて大画面でも楽しめるようです。
本体を1~人数分用意しての多人数プレイにも対応。
紹介動画では1台で2人(マリオ・マリオカート)、2台で4人(バスケットボール)、そして4人で4台(スプラトゥーン)で遊んでいました。
この辺りはソフトによるということなんでしょうね。
詳しくは↓のニュースリリースや
https://www.nintendo.co.jp/corporate/release/2016/161020.html
↓の公式サイト
https://www.nintendo.co.jp/switch/index.html
をご確認ください!
 

皆さんお久しぶりです天々です。
昨日、ついにカルドセプトリボルトが発売されました!
新カードに加え、新ルールによって基本はそのままにがらりと様変わりしたカルドセプトリボルトの紹介をしようと思います。
なお、
・まだクリアしていない
・まだネット対戦はしていない
・まだ全能力は揃っていない
状態での感想なのでご注意を


カルドセプトリボルトは新ルールやカードが大きく変化しています。
例えば、ダイスは二個になっています。
値は0~5(00は12扱い)なので進む数が二倍になったわけではありませんが期待値は増え、テンポがよくなっています。
また城と砦が一律にゲートと言う扱いになり、最後に城に止まらなくても周回ができるので、分岐のあるマップで少し複雑な動きをしても大幅に遅れるということになりにくくなりました。
他にも領地能力がどこでもできるようになるなど、展開が早くなりました。
カルドセプトは一戦一戦に長い時間がかかるのでこの辺りは嬉しい改善です。
また、ターン始めに魔力を少しもらえるようになっています。
これにより、ダイス運がなくて全然周回ができなくても魔力不足にならなくなりました。
また、手札過多による手札捨てがターンの最後になったので、ドロースペルも打ちやすくなっています(以前は引いたそばから捨てていました)。
これらの改善によってプレイ時のストレスはかなり減り、かなり快適になりました。

また、カードに関しても多くの変更がありました。
コストや能力の見直しは勿論ですが、今回は属性をセットで運用しやすくなっています。
具体的には風と水、火と地の組み合わせです。
例えば、風か水が使うことで効果を発揮するアイテムや、風と水のどちらでも地形効果が得られるクリーチャー、水領地の数で攻撃力が上がる風クリーチャーもいます。

新ルールと新カードによって様々に変化したカルドセプト、皆さんも是非遊んでみてください!

↑このページのトップヘ